楽しかった中百舌鳥SC ゆうは

楽しかった中百舌鳥SC ゆうは

 まず1年の時 体験に行きましたが、指の手術で入院しないといけなかったので入れませんでした。そして2年の7月に入部できました。初めての試合で2点決めることができました。とても嬉しかったのを覚えています。三輪ちゃんからのパスをもらってのシュートでした。

6年間で学んだことは、挨拶や敬語、礼儀と電車の中のマナーです。森先生やコーチにいっぱい怒られて挨拶やマナーを守ることができるようになりました。

6年間の中で印象に残っている試合は、白鷺ウィンターカップと中百舌鳥杯です。まず白鷺ウィンターカップは予選を勝ち進んで決勝まで行けて、みんなで勝つ気でいったけど、負けて悔しい思いがはじめてでました。中百舌鳥杯は2試合目、東百舌鳥さんと戦って死ぬ気で守って0対0でPK戦で負けてしまったことです。

印象に残っているイベントは、駅伝です。土日がほぼマラソンの練習でしんどかったからです。けど、本番初めて自己ベストが出てとても嬉しかったです。

一番心に残っている良いプレーはJグリーン合宿の二日目の高原さんとの試合で、ドリブルで敵を4人ぐらい抜いて点を決めることができたことです。

後輩たちへ これからも色んな思い出を作ってください。

森先生、コーチのみなさん、たくさんの指導ありがとうございました。保護者のみなさん、配車や応援ありがとうございました。僕はこれから中学校のサッカー部に入ってうまくなれるように頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です