6年間ありがとうございました ひなた

6年間ありがとうございました ひなた

 ぼくが、なかもずサッカーに入ったのは1年生の5月でした。それまでは、2年間ガンバ堺で習っていましたが、お兄ちゃんがなかもずサッカー部だったからです。なかもずサッカー部に入って身についた事は、電車の中で喋らない、挨拶を大きな声でなどの礼儀と精神の強さです。試合後に失点した数だけグランドを走るのも、初めの方は疲れてしまったら歩いたりしていたけど、今は、最後まで走りきれるようになりました。

1番心に残った良かったプレーは、白鷺ウィンターカップで、さくのロングパスから、ぼくのヘディングパスから、けんとがダイレクトにシュートを決めたところです。あまり、ヘディングパスをした事がなかったけど、そのパスで決めてくれたのが、すごくうれしかったからです。

心に残った試合はなかもず杯です。東百舌鳥さんとした時に、どうしても勝ちたいとチームがひとつになった気がしました。

思い出に残ったイベントは市民マラソンです。練習したのに全然記録が伸びなくてすごく悔しい思いをしました。でもラストスパートは、何も考えずにどれだけしんどくてもダッシュ出来たので後悔していません。

前は、勝てそうにない相手との試合の時は初めからあきらめてる所がありましたが、今は、ひとつひとつの試合を大切にして絶対に勝つという気持ちに変わっていきました。この6年間、色んな事を教えてもらってサッカーを好きになることができて良かったです。

森先生、コーチ達、指導していただいてありがとうございました。お父さん、お母さん、今まで配車や応援ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です